こんにちは!せら(@que_seraseraaa)です!

 

現在、半年間のマニラ留学中です!

 

 

今回はマニラ留学中にTOEICを受験する方法について解説していきます。

 

特に長期で留学する方は、どれぐらい自分の英語力が伸びているのか定期的に測ることで英語学習のモチベーションにも繋がると思うのでおすすめです。

 

英語力を定期的に測る手段としてTOEICを活用してもらったらいいのではと思います。

 

 

TOEICとは

【まとめ】フィリピン留学でTOEICを受験する方法<マニラ編>

 

Test of English for International Communicationの略。

 

英語によるコミニュケーションとビジネス能力を検定するための試験。
試験の開発、運営、試験結果の評価は、アメリカ合衆国の非営利団体である教育試験サービス(ETS)が行っている。

 

参考サイト:Wikipedia「国際コミニケーション英語能力テスト」

 

 

満点は990点

 

日本には英語能力を測るテストとして英検がありますが、TOEICは世界共通の基準で、日本だけではなく、世界各地で受験することができます。

 

 

TOEICを受験する意義

【まとめ】フィリピン留学でTOEICを受験する方法<マニラ編>

 

現状の自分の英語力を客観的に把握できる

 

TOEICのテスト結果は合格・不合格ではなくスコアで評価されます。

 

そのためリスニングやリーディングなどの得意・不得意を細かく分析でき、正確にその時の実力を把握し、目標設定をすることが可能です。

 

 

英語学習のモチベーションになる

 

英語学習の成果をスコアという客観的な指標で測ることができ、定期的に受験することで英語力の上達を実感することができます。

 

次回の目標スコアを設定して取り組むことで、英語学習のモチベーション維持にもなります。

 

 

就職や転職で有利になる

 

TOEICでの高スコアは就職や転職において優位に働きます。

 

「英語活用実態調査2019」によると採用時にTOEICのスコアを要件としていたり、参考にしたりしている企業は5割を超えています。

 

 

企業内でインセンティブ対象になる

 

TOEICで高スコアを取得した従業員に報奨金を配布する企業もあります。

 

2013年には、ソフトバンクが期間限定の特別報奨金制度を実施し、TOEIC800点以上で30万円、900点以上で100万円の報奨金が支給されました。

 

その他、グローバル企業に限らずTOEICスコアによる報奨金配布を実施した企業は少なくありません。

 

ソフトバンク :800点以上で30万円、900点以上で100万円
大和ハウス工業:600点以上で3万円、700点以上で5万円、900点以上で海外旅行費として20万円
帝国ホテル  :450点~595点で5千円、650点~745点で1万円、750点以上で2万円
東京電力   :730点以上で5万円

 

※上記は過去の参考例として載せています。
参考サイト:PRESIDENT Online

 

 

ビジネス英語が身につく

 

TOEICのテストは実際のリアルなビジネスシーンに即した問題で構成されているため、TOEICの学習を通して実践的なビジネス英語を身につけることができます。

 

海外就職や駐在員を目指している方にとって、効率良く学ぶことができる世界共通の基準です。

 

 

フィリピンと日本の違い

 

フィリピン 日本
運営 Hopkins International Partners, INC. 一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション
開催頻度 毎月1回 1年に10回程度(※1)
申込締切 試験日の10日前 試験日の約1ヶ月半前
金額(※2) 2,300ペソ 6,490円
メリット ・申込締切が日本に比べて遅いので気軽に受験することができる
・受験料が日本に比べて安い
・試験結果が早く届く(1週間ほど)
 ・試験結果をオンラインで確認できる
・申し込みが日本語なのでスムーズにできる
デメリット  ・試験結果をオンラインで確認できない  ・受験料がフィリピンに比べて高い
・試験結果が遅く届く(郵送の場合1ヶ月ほどかかり、オンラインの場合17日後の確認となる)

 

(※1)1ヶ月のうちに2回開催されることもあれば、2ヶ月間開催されないこともあります。

(※2)Listening & Reading Testの場合

 

 

受験方法

【まとめ】フィリピン留学でTOEICを受験する方法<マニラ編>

 

マニラ以外の地域で受験する場合は、公式試験会場となっている学校から申し込むという方法がありますが、マニラの場合は学校ではなく運営団体が決める会場での受験です。

 

そのため、学校からではなくオンラインで申し込むのが一般的です。

 

オンラインで申込

 

Hopkins International Partners, INC.のサイトから申し込みします。

 

①受験日程を選択
※普段皆さんが受験しているのは「Listening & Reading Test」です。

②「Register」をクリック

③どの会場で受験するかを選択

④個人情報を入力

※15分でタイムアウトになるので注意してください。
※テスト結果を郵送してもらう場合、送料がかかります。

 

フィリピン国内の場合   :200ペソ
日本またはその他海外の場合:2,000ペソ

 

受験会場に直接取りに行くことも可能です。(→「Personal Pickup」を選択)


⑤「Register」をクリック
登録完了後、メールが送られて来るので確認しましょう。

 

 

支払い方法

 

受験料の支払いは銀行振込となります。

 

受験料:2,300ペソ(Listening & Reading Test)
送 料:200ペソ(フィリピン国内の場合)または2,000ペソ(日本またはその他海外の場合)

 

上記の合計金額を下記どちらかの口座に振り込みます。

 

※振込明細書を必ずもらい、保管しておきます。

 

BDO銀行
Branch: Paseo-Gil Puyat
Account name: Hopkins International Partners, Inc.
Account number: 27804-84396

 

BPI銀行
Branch: Legaspi-Gamboa
Account name: Hopkins International Partners, Inc.
Account number: 1433-1138-09

 

 

必要書類を送信

 

申込と支払いが完了したら必要書類の画像データをメールで送信します。

 

画像データはスキャンしたものでも写メでも可能です。

 

送信先メールアドレス
register@hopkins.com.ph

 

必要書類
①振込明細書
②パスポートの写真があるページ
③自分の証明写真(カラー、2×2)

 

 

確認メールを受け取る

 

メールを送信してから確認メールが来たら申込完了です。

 

確認メールには受験会場も記載されています。

 

※数日待っても確認メールが届かない場合は、相手に届いていない可能性があるので電話します。確認メールを受け取って初めて安心です。

 

電話番号:(632)895-9944
携帯番号:+63922-8863421 / +63922-8863422 / +63917-5972278

 

 

受験時の持参物

【まとめ】フィリピン留学でTOEICを受験する方法<マニラ編>

 

受験当日は下記を忘れないように持って行きましょう。

 

①パスポート
②振込明細
③上着

 

試験会場は冷房が効き過ぎている場合もあるので、上着を持っていきましょう。

筆記用具は試験会場で用意されるものを使うので不要です。

 

 

当日は8時から会場に入ります。

スタッフの指示に従って動いたら大丈夫です。

 

 

まとめ

【まとめ】フィリピン留学でTOEICを受験する方法<マニラ編>

 

今回はマニラ留学中にTOEICを受験する方法について解説しました。

 

フィリピンで受験する場合、もちろん受験までの申込ステップも英語なので英語の勉強にもなります。

 

留学中はTOEICを上手く活用して、英語力のステップアップに繋げていきましょう!

お問い合わせフォーム
マニラ留学について相談したい方は、お気軽にお問い合わせください。

マニラ留学の詳細はこちらから