こんにちは!せら(@que_seraseraaa)です!

 

現在、半年間のマニラ留学中です!

 

 

今回は、フィリピン留学の際に気になるフィリピンの治安について、実際に今留学している女性の立場からお届けしたいと思います。

 

 

語学留学したいけど、フィリピンってどうなの?

 

フィリピン留学を考えてるけど治安は大丈夫かな?

 

 

といった状況の方、参考にしてもらえたらと思います。

 

 

はじめに

【女性必読】フィリピン留学で気になる治安

 

皆さんは「フィリピン」と聞いてどんな印象をお持ちですか?

 

わたしは初めてフィリピンに来るまでは、自ら積極的に行きたい場所!ではありませんでした。

 

理由は、学校の授業で、「治安が悪く危ない」と習っていたり、日本のテレビが「危険」というイメージを連想させるようなニュースばかりを報道していたりしたからです。

 

 

しかし、2018年3月に初めてフィリピンに来てから、それまでの印象がガラリと変わりました。

 

>せらの自己紹介はこちら

 

フィリピンにはたくさんの魅力があるので、お越しの際は、ぜひ味わってもらいたいです。

 

 

ただ、もちろん完全に安全な国!とは言えません。

 

 

海外に出てみて思ったのですが、日本は世界でもトップクラスの治安が良い国だと思います。

 

まず、日本は銃社会ではありませんし、街中を歩いていたり、酔っ払って店で寝てしまったりしても物を盗られることもほぼありません。

 

お金が入った財布を落としても、そのままの状態で交番に届けられていたという話もよく聞きます。

 

自動販売機がいたるところに置いてあるのも治安が良い証だと思います。

 

 

そんな日本と比べると、ほとんどの国は治安は悪いと言わざるを得ないかもしれません。

 

その事実を知った上で、予め気をつけるべきことを頭に入れて行動していれば、怖がる必要はないと思います

 

 

むしろ海外でも1人で生きて行く術を身に付けられますね!

 

 

今回は、特にフィリピンに来る女性向けに書いていきたいと思います。

 

 

数字で見るフィリピンの治安

【女性必読】フィリピン留学で気になる治安

 

フィリピン(マニラ)はまだ発展途上国でもあります。

 

 

参考値にはなりますが、「Numbeo」によると、下記の通り、他の先進国と比較すると犯罪率も高い傾向にあります。(数値が低い方が安全、2020年現在)

 

東京(日本):22.64
北京(中国):34.50
ニューヨーク(アメリカ):44.44
ロンドン(イギリス):52.29
マニラ(フィリピン):64.37
リオデジャネイロ(ブラジル):77.41

 

参考サイト:Numbeo
世界中の国や都市の人口・生活コスト・不動産価格・犯罪率・健康管理・交通情報・生活の質を調べることができる世界最大のデータベース。

 

 

これを見るといかに日本が安全かが改めてわかりますね。

 

日本ではたまに、フィリピンでの日本人絡みの事件が報道されますが、ほとんどのケースは金銭トラブルが元と言われています。

 

ただ、一般的な生活を送っていれば命に関わる事件に巻き込まれることはないと思います。

 

 

とはいえ、フィリピンではそのようなトラブルに巻き込まれないよう気をつけましょう。

 

 

では、フィリピンで特に我々が気をつけるべき犯罪は??

 

大きく3つご紹介します。

 

 

スリ

【女性必読】フィリピン留学で気になる治安

 

フィリピンに限らず、世界各地で遭遇するトラブルだと思います。

 

自分が気づかない間に被害に遭ってしまいます。

 

 

わたしは今までスリにあったことがありません。

 

 

ただ、学校の先生からiPhoneは特に狙われやすいから気をつけて!と言われたことがあります。

 

iPhoneは高価なため、高く売れるそうです

 

街中やバスなど、人混みが激しいところや人が行き交うところでは、むやみにiPhoneを取り出したり、歩きスマホをしたりしないよう気をつけましょう。

 

 

また、普通に生活していれば行くことはありませんが、フィリピンのスラム街では、物乞いをする子どもたちもいます。

 

日本人からすると悲しい現実で、同情してしまうかもしれませんが、その間にポケットやかばんから物を盗られることもあります。

 

子どもとはいえ、相手はスリになれたプロです。

 

警戒心を持って歩きましょう。

 

 

対策

・治安の悪い場所にはいかない
・高価なものは身につけない
・歩きスマホはしない
・iPhoneのマークが見えないカバーにする
・かばんを前で持つ

 

 

ぼったくり

【女性必読】フィリピン留学で気になる治安

 

相手が外国人だとわかると通常価格より高く請求してくることがあります。

 

わたしは留学までに何度かフィリピンを訪れた経験があったので、なんとなく相場がわかります。

 

あからさまに高いとわかったら物申します。

 

 

初めて来る場合、怖いかもしれませんが、

「It’s too expensive.(高すぎる)」

と言って、諦めるフリをするのもありです。

 

相手からすると、買わない・払わないことが一番避けたいことなので、高く言っている場合は必ず値下げをしてきます。

 

 

勇気を出して、言ってみましょう!

 

 

ただ、過度な交渉は危険を伴うので、ある程度交渉しても難しければ命を優先にお金を払ってしまう方が安全です。

 

 

 

また、タクシーも要注意です。

 

街中を走っていて、いつでも乗ることができる”流し”タクシーがあるのですが、金額が定まっておらず、ぼったくられる可能性があります。

 

最近はGrabという配車サービスがあり、アプリで迎えを呼ぶことができ、その時点で大体の金額が決まっています。

 

乗車後はドライバーの評価システムがついているので、ぼったくられることがありません。

 

タクシーを呼ぶ際はこのGrabを利用することをおすすめします。

 

 

対策

・慣れた様子で値段交渉する
・タクシーはGrabを利用する
・やむを得なく”流し”タクシーを使う場合、乗車前に金額を聞く&交渉する

 

 

痴漢

【女性必読】フィリピン留学で気になる治安

 

前述のGrabは安価で便利に利用でき、手軽なためおすすめですが、それでも電車に乗る場合には痴漢に気をつけましょう。

 

まだ被害に遭ったことはないのですが、これも学校の先生に教えてもらいました。

 

 

でも日本同様、フィリピンの電車にも女性専用車両があります。

 

これは助かりますね!!

 

もちろん追加料金を取られることはなく、女性であれば誰でも利用できます

 

 

対策
・露出の高くない服装にする
・女性専用車両を利用する

 

 

まとめ

【女性必読】フィリピン留学で気になる治安

 

今回は、女性向けにフィリピンの治安と犯罪、対策を解説させてもらいました。

 

フィリピンはここ数年の発展で、昔と比べるとかなり住みやすい国になっていると思います。

 

実際、わたしの場合、上記で挙げた犯罪の被害を受けたことはありません

 

予め対策を練っていたので、ぼったくりに遭った時は、きちんと交渉できましたし、スリや痴漢に関しては、遭遇したことがありません。

 

フィリピンでも1人で外出して、安全に自由に行動できています

 

確かにフィリピンには犯罪もありますが、特に女性は夜1人で出歩かないことを徹底し、今回ご紹介したような注意事項を守れば、フィリピンの魅力も味わえて、とても有意義な時間にすることができます。

 

フィリピンに来た際は、ここは日本とは違うんだと予め意識した上で、自ら防犯対策をして、快適で楽しい留学生活を送ってください♪

お問い合わせフォーム
マニラ留学について相談したい方は、お気軽にお問い合わせください。

マニラ留学の詳細はこちらから