こんにちは!

マニラ留学中のNana(@nana_manilife)です。

 

現在マニラ留学中の私の1日のスケジュール。

 

気になりますよね?

 

はい!ということで、大公開します!

 

学校や受講レッスン数、ライフスタイルに依るかと思いますので、私のケースは留学者の一例として捉えてください。^^

 

そして、マニラでの休日の楽しみ&活かし方について、少しだけ書きます。

 

出し惜しみではなく、ここで書ききれないので・・(笑)

 

また別途お伝えしたいと思います。

 

英語留学者Nanaの受講レッスン概要

 

私は今フリーランスのお仕事をしながら、英語留学をしています。

 

そのため、1日8時間というMAXのレッスン時間にはせず、1日4時間にしています。

 

また、寮生活をしていますが、学校と寮は徒歩3分の距離にあり全く苦にならず、少し散歩するのにちょうど良い距離感です。

 

マニラ留学の1日のスケジュール

【大公開】フィリピンでの英語留学中の1日のスケジュール!マニラ留学中さくらの1日を公開

 

英語の授業と仕事を両立しつつ、毎日を過ごす私の1日のスケジュールをご紹介します。

 

1日の時間の使い方

 

さて、実際の1日のスケジュールがこちらです!

 

07:00 起床・身支度(しかし、いつも起きれない)
07:30 朝ごはん(たまに逃します)
07:55 学校に移動
08:00 レッスン開始(間に10分休憩)
10:00 レッスン終了・寮に移動
10:15 レッスンの予習と復習
12:00 昼ごはん
12:30 レッスンの予習と復習
12:55 学校に移動
13:00 レッスン開始(間に10分休憩)
15:00 レッスン終了・寮に移動
15:15 お仕事
18:00 夜ごはん
18:30 お仕事
21:00 フリータイム(日による)
24:00 おやすみなさい…..zzZ

 

1日を通しての時間の割合はこのような感じです。

 

 

食事やシャワーなど身の回りのことをする時間を除いて、

 

レッスン:4時間程
自習(予習と復習):2時間程
仕事:5時間程

 

の3つに分かれます。

 

わぁ・・1日11時間英語の勉強か仕事をしていることが明らかになりました・・笑

 

仕事をしていない場合は、さらに予習と復習に時間を割くことが出来ますね!

 

 

スケジュールはかなりタイトですが、心を鬼にして時に自分にエールを送りながら、勉強と仕事を両立させています。笑

 

みなさんにもっとイメージしてもらいやすいように、それぞれについて細かくご説明していきます!

 

①レッスン時間~アウトプットしまくりの50分*4コマ勝負~

 

私は英語の授業を50分*4コマのレッスンを受けていて、

50分*2コマ:英語プレゼン(スムーズに話せるようにすることが目的)
50分*2コマ:発音(アメリカ英語の発音に矯正することが目的)

 

の2種類です。

 

英語プレゼンのレッスン

 

レッスンをカスタマイズさせてもらえる学校なので、私は英語のニュース記事を事前に選び、それに関連する内容を調べた上で要約した文章を作り、それをレッスンで先生に向けてプレゼンをして、ディスカッションするという流れです。

 

特に最近はフィリピンのことを取り上げることが多いです。フィリピンのことに詳しくなれますし、フィリピン人の意見を聞けるのも貴重で、とても楽しいです。

 

事前準備は大変ですが、英語力を向上させるためにはおすすめの勉強法です。

 

今まで、

 

・ドゥテルテ大統領のインフラ政策について
・フィリピンの女性の働き方について
・フィリピンの家族観について
・フィリピンのサリサリストアについて
・香港で起きているデモについて
・ミャンマーのロヒンギャ族に関連する問題について

 

などをトピックとしました。

 

2.2 発音のレッスン

 

私は今後グローバルなビジネスの場で英語を使いたいと思っているので、スピーキング(英語でプレゼン)と発音のレッスンを受けることにしました。

 

日本人特有のRとLの違いなどに苦戦しながら、先生のマンツーマンの熱い指導のおかげで楽しくレッスンしています。

 

最初はIPA(International Phonetic Alphabet)と呼ばれる国際基準の英語の発音記号のテキストを基に、基礎的な英語の発音の勉強をしました。

 

これがわかれば今までよくわからなかった発音記号がわかるようになりました。あぁ~こういうルールだったのね、と。

 

そのテキストを終えた後、アメリカ英語の発音により特化したテキストに切り替え、イントネーションやリンキングも含めた練習をしています。

 

例えば、イントネーションの練習で、主語+述語+形容詞+形容詞+名詞という文の通常の言い方ではどこを強調するのかなどを習いました。

 

抑揚をつけることでより伝わりやすくなりますので、今後のプレゼンに活かせそうです。(当然、会話では協調したいところによりイントネーションが変わるときもありますが。)

 

また、リンキングの練習がおもしろい!

 

例えば、”Give him a chance.”という文章の場合、

 

「ギブ・ヒム・ア・チャンス」ではなく「ギヴィマチャンス」となります。

 

“Give him a”を連結!!

 

単語と単語をつなげるリンキングにはルールがあり、それを覚えて慣れていくことでリスニングも上達してきた実感があります!!

 

これは特にやっててよかった!

 

 ②自習時間~インプットは自分との過酷な戦い…BUT~

 

自習としては主に、上記に記載した英語プレゼンの事前準備ボキャブラリーが少ないことが課題だと思っているので、ひたすら単語を覚える!という2つです。

 

英語プレゼンの事前準備

 

自分が興味があることの記事を探す、もしくは気になったニュースをトピックにしています。そこからテーマの関連記事を読みまくり・・まとめて・・と結構時間がかかります。

 

時々英語で理解が出来ないニュースがあるので、同じ記事が日本語でないか調べたりもしています。準備をした分、レッスンの楽しさは倍増です!

 

自信を持ってプレゼンし、フィリピンと日本の比較などをしながら、先生とのディスカッションを楽しんでいます。

 

ひたすら単語を覚える

 

色々使うより、慣れたもので確実に覚えた方が良いかと思いますので、以前日本で買った単語帳を使っています。

 

30歳過ぎて物覚えが悪くなった自分に時よりドン引きしつつ、めげずにコツコツとがんばっています。

 

③仕事時間~自分の成長を感じる心地よい時間~

 

私が仕事で英語を使う割合は、日:英=8:2くらいです。しかし、先日英語でビジネス会議をする機会ありました。

 

英語で説明することになったのですが、その際以前より話せるようになったと実感しびっくり!

 

さらに、聞き取れるようにもなっていたので、会話がスムーズに!!

 

これは心の中でガッツポーズでした。

 

明日からまたがんばろう・・!とモチベーションが爆上がりし、自分の成長を感じる心地よい時間となりました。

 

 

フィリピン国内の中でマニラはWi-Fiが繋がりやすいエリアです。仕事をオンラインでしながら留学!というのも全くストレスになりません。

 

また、都市街には国籍問わずビジネスマンも多いため、いろいろな出会いの中でビジネスにつながる可能性も多いにあります。

 

勉強に勉強しつつ、常にアンテナを張って、時間を有効活用していきましょう!

 

休日の楽しみ&活かし方

 

英語留学の場合、平日はレッスンがあり、土日は休みというカリキュラムの学校がほとんどです。海外での留学の場合、その休日をどう過ごすかで充実した留学期間を送れるかどうかも変わってきます

 

平日に学んだ英語を実際に街に出て使用したり、海外の文化や習慣を学んだり、色々な可能性が眠っています。

 

マニラは歴史や宗教観、ローカル感、都市の目覚ましい成長など色々な要素が満載で、男女問わず五感で楽しめる街だなと率直に思います。

 

好奇心旺盛に色々なことに興味を持てば、物との出会い、場所との出会い、人との出会い、そして「気付き」との出会いが待っています。

 

さて、今回は私が実際に行ってみて、おすすめの休日の楽しみ&活かし方を場合分けにしてみましたので、まずはどんなことがマニラでできるのか、ざっくりとイメージしてみてください。

 

詳細は今後ご紹介していきたいと考えています。

 

マニラの歴史や宗教観を五感で感じたい場合

 

旧市街地「イントラムロス」というエリアがベイエリアにあります。

 

フィリピンにはスペインに統治されていて時代があり、その当時の建物が残存しており、博物館等でその歴史を学ぶこともできます。

 

また、フィリピンはキリスト教国のため、イントラムロスのみならず、各地に教会があり、日曜は礼拝する人が多くいます。

 

教会は誰でも入れるところがほとんどですので、見学可能です。現地の方の宗教心にリスペクトを持って、文化を知りましょう!

 

マニラのローカル感を五感で感じたい場合

 

マニラ各地にローカル感あふれるマーケットが点在しています。マーケットにもいくつか種類があり、週末マーケット、常設のマーケット、屋内、屋外、と様々です。

 

魅力は何といっても安さ!南国ならではの果物が安く食べられるところが魅力です。

 

また、洋服やカバン、雑貨類も安く買えるため、日本からの荷物は最小限にし、洋服などは現地で安価に調達というのも良いかと思います。

 

お土産も色々ありますので、さまざまなマーケットに行って店員さんと気さくに話ながらショッピングを楽しんでください!

 

マニラの都市の目覚ましい成長を五感で感じたい場合

 

マカティ」というマニラの中心街は日本でいう丸の内で、オフィスビルや商業施設がひしめき合っていて、多くのビジネスマンで昼夜賑わっています。

 

また、「グローバル・ボニファシオ・シティ(BGC)」という都市は新都市として目覚ましい発展を遂げており、オフィスビルや商業施設もどんどん増えています。

 

BGCでは道が碁盤の目のように舗装され、電線も地中に埋められているため視界が開けていて、近未来的な空間が広がっています。

 

マニラの都市の目覚ましい成長を感じることができるので、一度行くことをおすすめします!

 

 

留学期間中は思ったよりあっという間に過ぎていきます。そのため、1日の時間の使い方が留学の成否を分けると言っても過言ではありません。

 

英語習得という目的達成のためにも自分のモチベーションコントロールは必要不可欠です。

 

留学に来なければ味わえない、体験できないこともたくさんありますので、時間を有効活用して最高の留学にしましょう!!

お問い合わせフォーム
マニラ留学について相談したい方は、お気軽にお問い合わせください。

マニラ留学の詳細はこちらから