こんにちは!

たくせき@tac_uitl)です。

 

今日はフィリピンのトイレについての記事です!

 

海外旅行や移住、とりわけアジアでのあるあるといえば、残念なトイレ事情です。。

 

日本みたいに、トイレットペーパーは流せないし、そもそも水洗じゃないし、てか、便座がなぜかないし、はたまたトイレのドア(大の方)すらないし、なんてことがザラにあります…笑

 

まだ、男ならいいですが、女性は本当に大変だと思います。

 

都市部を離れればそんな状態ですが、フィリピンに関して言えば、マカティの場合はトイレ事情もそこまで悪くありません。

 

商業施設でも、普通に水洗でトイレットペーパーが流せたり、ホテルやコンドミニアムでも流せるところが多いと思います。

 

僕が借りているコンドミニアムも、想像していた以上に快適で、何の不自由なくトイレで用を足すことができます。

 

ただ、人間というのは欲張りなもので、普通にトイレするのに問題がなくなると、さらにもう1つ上を目指したくなります ←

 

移住して1ヶ月経った頃に思ったのが「家にウォシュレット(※)欲しい!」です。

 

そこで、今回は僕が実際に行った自宅コンドミニアムに「温水洗浄便座」を設置した方法をご紹介します。

 

「ウォシュレット / シャワートイレ」という表記(2019年7月29日変更)

 

温水洗浄便座は、商標の普通名称化により「ウォシュレット」や「シャワートイレ」などの呼称で総称している場合がありますが、ウォシュレットはTOTO、シャワートイレはINAX(LIXIL)のそれぞれ商標であるそうです。

 

そのため、本ブログでは「温水洗浄便座」という表記に変更させていただきます。

出典:wikipedia

 

業者に頼めば、あることにはあるけど…

 

フィリピンの生活情報誌などを見ていると、水回りの業者が載っていたりしますが、いざ温水洗浄便座設置を依頼するとなると、金額もそこそこしますし、取付工事の日程調整なども結構めんどくさいと思います。

 

特にフィリピンでは、何か業者に頼むとなかなか時間どおりには来ないし、だいたい不足の自体が起きて、翌日以降に持ち越しになったりします。。

これ結構ストレスですよね…

 

そこで何とか自力で簡単に安く設置できないかと思い、色々と探しました!

 

フィリピンのホームセンター「WILCON」で発見!

 

色々と聞いたりして、ようやくたどり着いたのが、「WILCON」というホームセンターでした。

 

フィリピン・マニラで安くウォシュレットを設置

 

日本でいう、ジョイフル本田とかカインズホームとか(千葉っこならわかるはず)みたいな感じですが、どちらかというともっと業者よりにしたイメージです。

 

フィリピンで有名な「ACE」や「true value」よりも業者よりな感じのお店です。

 

washlet02

 

フィリピン・マニラ内に、何ヶ所もある現地では有名なお店です。

 

 

そこの一角に、トイレコーナーがあり、お目当の温水洗浄便座がありました。

 

washlet07

 

American Standard製「Slim Smart WasherⅡ」

 

今回、発見した温水洗浄便座はAmerican Standard製「Slim Smart WasherⅡ」です!

 

washlet04

 

仕様は以下のとおりですので、参考にしてください。

 

この温水洗浄便座は、日本で使うものとは少し違い、電気ではなく「水圧」を利用して、ノズルの開閉を行います。

 

そのため、電源は必要なく、コンセントや電圧を気にする必要はありません。

 

実は、これは大きなことで、意外に便座の近くに電源がなかったり、あっても電圧が異なる電化製品だと変圧器が必要となったとり、とても面倒です。

 

ただし、電気を利用しないため、便座を温めたり、温水による洗浄はできません。ですが、フィリピンの暖かい気候には、特に暖かい便座や温水は必要ないかと思います。

 

washlet09

 

washlet08

 

使い方もシンプルで簡単!

 

基本的な水の出し入れは、便座の右横のレバーによって行います。レバーを前に倒すとお尻で、後ろに倒すとビデを行うことができます。

 

水圧などもぜひ下記動画を参考にしてください!

 

 

水圧もレバーの傾け加減で調整ができ、動画を見てのとおり強さも申し分ないです。

 

 

設置も単純で自力でもできちゃう!

 

設置もとても簡単です。レバー近くから飛び出ているホースを蛇口に繋ぐだけです。

 

washlet03

 

価格もお手頃!

 

そして、気になる価格も「3,999ペソ(≒9,000円)」とかなりお手頃です!

この価格なら、万が一、1年くらいで壊れてしまっても許せそうです。

 

※購入して2年以上使用していますが、現在も問題なく使用できています。

 

ちょっとだけ注意点

 

フィリピンの場合、便座の形に種類がいくつかあります。

 

この温水洗浄便座のタイプは、少し縦長で、丸型の便座だと少しはみ出てしまいます。

 

丸型用の温水洗浄便座もありましたが、価格が少し高くなります。僕のタイプは丸型でしたが、丸型用の在庫もちょうどなく、安く済ませたかったため、多少大きさが合わなくても気にならないので、この温水洗浄便座に決めました。

 

使っていて特に不自由はありませんので、個人的には、どちらでも問題ないと思います。

 

また、フィリピンの水には、カルキが多く含まれていると言われています。そのため、長く使っていると、ホースが詰まるのではとも言われていますが、2年以上使っても問題なく使用できています。

 

この価格であれば、最悪1年保てば元は取れる気がしています。

 

 

ここまで長々と書きましたが、温水洗浄便座を設置してから、かなり快適です!

 

価格的にもおすすめですし、衛生的にも良いです。

 

ぜひ自宅に温水洗浄便座を設置して、快適なフィリピンライフを送ってみてはいかがでしょうか?^^

 

人気記事
LINE公式グループ「シェアマニラ」 | 個人が持つマニラの情報をシェアし合えるプラットフォーム

フィリピン在住クリエイター/ブロガー

たくせき(TAKUSEKI)