こんにちは!

たくせき@tac_uitl)です。

 

フィリピンで生活をするようになって驚いたことの1つに「宗教」があります。

 

日本で生活していると、それほど意識したことがなかったのですが、フィリピンに居ると、街中の教会やタクシー内の装飾など、日常的に「宗教」に関連した物事に触れることが多いです。

 

そこで、今回は「フィリピンの宗教」についてご紹介します。

 

#マニラブの投稿

 

僕が所属する「マニラブ」では、毎日マニラに関する投稿を行っています。

 

マニラの生活や旅行、文化に触れられる内容がたくさんなので、ぜひチェックしてみてください^^

 

この投稿をInstagramで見る

マニラブ| 新しいマニラが見つかるメディア✨(@manilovemedia)がシェアした投稿

 

フィリピンの宗教

フィリピンの宗教!ASEAN(東南アジア諸国連合)唯一のキリスト教国

 

フィリピンはASEAN唯一のキリスト教国です。

 

敬虔なキリスト教徒な方も多いため、街中に教会もたくさんあります。

 

地方に行っても必ず教会はあり、ひときわ煌びやかな建物が立っており、人々の拠り所となっていることが伺えます。

 

キリスト教に関連したものを身に付けたり、家や車に置いている人を見かけることも多く、キリスト教がライフスタイルにも浸透していることがわかります。

 

ポイント①:宗教の割合

 

・カトリック 83%

・その他のキリスト教 10%

・イスラム教 5%

 

の割合で、イスラム教の多くの方はミンダナオ島に集中しているため、マニラはカトリックが大半を占めています。

 

ポイント②:宗教とライフスタイル

フィリピンの宗教!ASEAN(東南アジア諸国連合)唯一のキリスト教国

 

敬虔なキリスト教徒の方も多いため、毎週日曜教会へ礼拝に行くというフィリピン人も多くいます。

 

ショッピングモールに教会が併設されていることも多く、日曜は礼拝帰りの人々でショッピングモールも混んでいます。

 

また、休日はキリスト教の祝日に基づくものが多く、特にクリスマスは大々的にお祝いします。

 

9月頃からクリスマスの準備が街中で始まり、10月31日のハロウィンが終わるとともに、本格的にクリスマスモードに入ります。

 

ポイント③:宗教の歴史

フィリピンの宗教!ASEAN(東南アジア諸国連合)唯一のキリスト教国

 

キリスト教の普及には歴史が深く関係しています。

 

16世紀の中頃からスペインによる統治が始まり、キリスト教への改宗を余儀なくされました。

 

その後の約330年に渡るスペイン統治時代により、フィリピン国内に広くキリスト教が普及していきました。

 

 

日本人の場合、なかなか宗教を身近に感じる機会がない人も多いかと思いますが、外国で感じる違いの1つといえます。

 

フィリピン人との友達付き合いの中でも、「宗教」の存在を感じることも多々あり(日曜日の約束は礼拝後になるなど)、ライフスタイルの中に当たり前に存在しています。

 

その国の人を知るうえで、歴史や宗教観などとても大事な要素だと思いますので、ぜひ知った上で関わりを深めてみると、また違った側面が見えるかもしれません^^

 

 

毎日フィリピンに関する投稿をしていますので、ぜひインスタグラム「マニラブ」もチェックしてみてください^^

>>@manilovemedia

 

LINE公式グループ「シェアマニラ」 | 個人が持つマニラの情報をシェアし合えるプラットフォーム

フィリピン在住クリエイター/ブロガー

たくせき(TAKUSEKI)