こんにちは!

たくせき@tac_uitl)です。

 

常夏の国として知られるフィリピンですが、いざ旅行や生活をするとなると知っておきたいのが、1年を通してのフィリピンの気候や天気です。

 

特に旅行者の方から質問を多くもらうのが「雨季(雨期)の雨の状態」です。

 

そこで今回はフィリピン、特にマニラの気候や天気について、ご紹介したいと思います。

 

【豆知識:気候と天気の違い】

気候:ある土地の、長期間を平均して見た、気温・降雨量などの気象の状態。

天気:ある場所の、ある時刻の気象状態。気温・湿度・風・雲量などを総合した状態。

出典:wikipedia

 



 

マニラの気候・天気

フィリピン・マニラの気候と天気を知ろう!ベストシーズンは?雨季はいつまで?気をつけることって?

 

季節は「乾季」と「雨季」の2つ!

 

フィリピンが1年中夏ということは、ほとんどの人が知っていることだと思います。

 

四季がある日本で育つと、季節が1つしかないことが頭ではわかっていても、なんだか不思議な感じがします。特にクリスマスシーズンもお正月も夏なので、今まで経験してきたものとは違い、すごく違和感を感じたのを覚えています…笑

 

1年中を通して夏が続きますが、気候としては、大きく「乾季(乾期)」と「雨季(雨期)」に分かれています。

 

雨季(雨期)おおよそ6月初旬〜10月中旬

乾季(乾期)おおよそ10月下旬〜5月下旬

※台風シーズン:7月〜10月頃に台風が多く発生し、年間20件程と言われています

 

2018年は6月8日、2019年は6月14日に雨季(雨期)の始まりが宣言されています。

 

気温はどのくらい?暑い?

フィリピン・マニラの気候と天気を知ろう!ベストシーズンは?雨季はいつまで?気をつけることって?

 

1年を通しての平均気温は27℃前後です。

 

5月に暑さのピークを迎えますが、5月の月平均気温は31℃で、月平均最高気温は35℃近くとなります。※35℃以上の日もあります

 

気温だけでいえば、4月〜6月を過ぎると、比較的過ごしやすくなります。

 

雨季(雨期)は1日中雨が降るの?

フィリピン・マニラの気候と天気を知ろう!ベストシーズンは?雨季はいつまで?気をつけることって?

 

フィリピンでは雨季(雨期)が6月頃から10月頃まで続きます。

 

雨季(雨期)と聞くと、日本の梅雨を思い浮かべる方もいるかと思いますが、日本の梅雨とは雨の降り方が異なります

 

フィリピンの雨季(雨期)は、短時間で大量に雨が降る日が続きます。(いわゆるスコールと呼ばれる現象です。)

 

だいたい午前中か夕方(もしくはその両方)に1時間程度の大雨が降り、それ以外は特に雨は降りません。

 

1日中雨が降っている日本の梅雨とは違い、その時間帯だけ雨宿りしていれば雨が止むので、1日を雨で無駄にすることはなく、行動しやすいと言えます。

 

ただし、日本ではあまり経験しないような量の雨が一気に降ってくるので、道路に水が溢れたり、交通網が乱れたりと移動に支障が出るため、余裕を持ったスケジュールの組み立てが必要になります。(無理に移動しようとすると、ビショビショになります。)

 

また、台風が来ると事情が変わってきます。雨季(雨期)だけで見ると、局所的な豪雨で1日中雨が降るわけではないのですが、台風が来ると1日中雨が降ることがあります。

 

台風は7月〜10月頃に多く発生し、年間20件程発生すると言われています。

 

【豆知識:スコールは実は風のこと】

スコールをゲリラ豪雨的な意味で捉えている人も多いかと思いますが、広辞苑などを引くと実は「急激におこる強風で、数分間続き突然止むもの。一般に降水や雷雨を伴う。」と記載されています。

 

スコールは厳密には「風」を指し、雨や雷はそれに付随するものとのことです。

 

ベストシーズンはいつ?

 

フィリピンへの旅行で気になるのが、いつがベストシーズンかということかと思います。

 

一般的にベストシーズンは12月〜2月頃といえます。

 

雨季(雨期)が終わり、雨が少なく、気温も27℃前後で安定して涼しいので、街中をお散歩するのも気持ちがいい気候です。

 

逆に海などに入りたい場合は、もう少し後の暑い時期を選ぶともっと楽しめるかもしれません。

 

気をつけたいこと

服装

 

フィリピンのイメージだとサンダルやビーチサンダルなどを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、マニラの都市部ではあまり見かけません。

 

マニラ都市部では商業施設も多いことから、日本の夏と変わらない格好で問題ありません。(逆にタンクトップにビーチサンダルなどの南国的な格好だと浮いてしまうかもです。。。)

 

基本半袖で問題ないですが、商業施設やタクシーなどの乗り物は冷房がガンガンに効いているので、着脱しやすい長袖(パーカーやカーディガンなど)の服を持参することをおすすめします。

 

特に女性は必須といえます。旅行者の中では外と建物内の温度差で体調を崩してしまう人も多くいるので、要注意です。

 

持ち物

 

時期によっても少し異なりますが、下記の物を持っていると安心です。

 

①着脱しやすい長袖

②雨具(折りたたみ傘)

③ウェットティッシュ

 

①は服装のところでお話したとおり、建物内外での寒暖差の防止のためです。想像以上に寒いので暖かい国だからと油断は禁物です。

 

②は雨季(雨期)は必須で持っていると心強いです。急に降ることもあり、どこかで雨宿りできればいいのですが、どうしても移動が必要なときや雨宿りの場所まで行くのに持っていると安心できます。

 

③は衛生面のために持っていると何かと重宝します。トイレの関係でティッシュペーパーを持ち歩く人は多いですが、ウェットティッシュもあると安心です。雨が多く降ると、洪水による感染症なども発生するため、衛生面も念入りに注意できるとベストです。

 

 

 

マニラにいると、日本の四季のような季節感は無くなり少し寂しい気もしますが、1年中暖かいというのは身体にとって楽だなと感じることも増えました。

 

特に日本からの渡航では冬場の移動で30度近い気温差が発生する場合もあるので、渡航季節は考慮するともっと楽しめると思います。(僕もマニラ30℃、日本が0℃のときに移動したことがあり、寒暖差に身体がびっくりしました…笑)

 

フィリピン・マニラの気候や天気に気をつけて、楽しく安心な旅行や生活を送ってみてはいかがでしょうか?^^

 

LINE公式グループ「シェアマニラ」 | 個人が持つマニラの情報をシェアし合えるプラットフォーム

フィリピン在住クリエイター/ブロガー

たくせき(TAKUSEKI)