たくせき@tac_uitl)です。

 

RENABLE」とのコラボPR企画の第3弾です!

 

記事を出すごとに、ツイッターやシェアマニラ、LINE等でご連絡いただける方もおり、みなさんの反応がとても嬉しいです^^

 

お惣菜」の無料試食や細かな料金試算などお気軽に対応してもらるそうなので、ぜひ気になる方は「RENABLE」までお問い合わせしてみてください。

 

資料請求・お問い合わせフォーム

 

そして、前回の企業への潜入取材に続き、今回は実際に「お惣菜」が製造されている裏側をご紹介したいと思います!

 

なぜ日本の美味しい「お惣菜」が1品25ペソ〜50ペソのお手頃な価格で提供できているのか、その秘密にも迫っているので、是非ご覧ください^^

 

RENABLEの「お惣菜」製造へのこだわり

美味しくて手頃な価格の理由がここに!マニラで素材から製造する「お惣菜」の裏側!

既に公開した記事で、RENABLEの「お惣菜」事業全体に対する想いはお伝えしてきましたが、ここではさらに「製造」面に対するこだわりに触れたいと思います。

 

▼事業全体に対する想いはこちらの記事でご覧いただけます▼

日本の「お惣菜」でフィリピンの健康領域の課題を解決する【RENABLE】

 

実際にフィリピンで生活をすることを通して、フィリピン人の食生活に課題を感じ、日本のヘルシーで美味しい「お惣菜」でフィリピンの健康領域での課題解決を目指す「RENABLE」の事業が始まりました。

 

フィリピンで「お惣菜」を提供するにあたり、製造面で特にこだわった点が2つあると言います。

 

1つ目は「商品開発」についてのこだわりです。

 

「RENABLE」では、フィリピンの健康領域の課題を解決するということで、ヘルシーかつ美味しく、さらにフィリピン人の口に合う「お惣菜」の試行錯誤が日々行われています。

 

例えば、健康面を重視して以前「ひじき」を提供したところ、フィリピン人が手に取ることが少なく、他の商品の傾向からも茶黒系の「お惣菜」はあまり人気がないことがわかり、「お惣菜」の色味にもこだわるようになったと言います。

 

また、同じく健康面を考えて「蒸し鶏」の提供を考えた際に、濃い味に慣れたフィリピン人の口に合うように、ドレッシングの提供も同時に行い、今ではドレッシングとのセットで人気を集めています。

 

このように、日本の「お惣菜」をそのまま提供するのではなく、導入された企業様のフィードバックをもらいながら、フィリピン人の口に合うアレンジを考えて、日々、商品開発をされています。

 

 

2つ目は「提供する価格」に対するこだわりです。

 

ヘルシーかつ美味しい商品を提供しようとこだわればこだわるほど、どうしても価格が上がることが想定されました。

 

しかし、日本からの輸入品に頼らず、現地でイチから日本食材を提供する製造企業(後述)と協力することで、利用者がなるべく手に取りやすい価格で提供できるように取り組んでいます。

 

また、利用者の負担を減らそうと考えた場合、利用者を雇用する企業と協力して福利厚生制度という形で企業負担分を設けることで、1つ25ペソ〜50ペソという利用しやすい価格を実現しました。

 

そして、企業に対してもただ負担を強いるのではなく、福利厚生制度として、スタッフの健康維持や新規雇用の促進、離職防止としてメリットのある内容を提供することで、企業と利用者の両方にメリットが生まれる事業展開の工夫がなされています。

 

実際に、「お惣菜」を導入した企業様では、月皆勤のインセンティブとして「お惣菜」の無料券を配布するようになったところ、フィリピン人従業員の皆勤者が17倍になった事例も起こっています!

 

▼「お惣菜」を導入された企業についての記事▼

フィリピン人スタッフの皆勤者が17倍?!「お惣菜」を導入した企業に潜入取材!

 

 

フィリピン人に広く利用してもらいたいという考えから、RENABLEでは、導入企業や製造企業と協力して、味も価格もより良いものができる工夫がなされています。

 

美味しくお手頃な価格で提供できる理由

 

「RENABLE」では上記こだわりを実現するために、マニラで日本食材を製造・加工されている「KANDS」様(以下、親しみを込めて「さん」付けとさせていただきます!)と商品開発を進めています。

 

「KANDS」さんは、美味しく、手頃な値段で本格的な日本の食材を製造・加工されている企業です。

 

▶︎ 公式ホームページ

 

マニラでも数多くの大手レストラン等の食材の製造・加工に携わられています。

 

味と価格へのこだわり

美味しくて手頃な価格の理由がここに!マニラで素材から製造する「お惣菜」の裏側!

 

現在フィリピンで食べることができる日本食の多くが日本からの輸入品に頼っています。

 

本場日本からの輸入で品質は良い一方、輸送コストが高くなり、提供される日本食の金額も高くなっているのが現状です。

 

それに対して「KANDS」さんでは、マニラで素材からこだわって日本の食材を製造されています。

 

例えば、出汁に使用する鰹節も現地マニラでイチから製造されており、日本人監修のもと化学調味料等を使用せずに食材を製造・加工することにこだわっています。

 

市販の調味料を利用することなく、むしろその調味料自体を自分達でイチから製造して、それを活用して日本食材の加工等を行っています。

 

そのため、味も美味しく、本格的な日本の味を楽しむことができます。

 

また、この現地で製造できることこそが手軽な価格を実現できる理由の1つであり、RENABLEの品質の高い日本食の「お惣菜」を1品25ペソ〜50ペソといった安価に提供できるヒミツにもなっています!

 

衛生面へのこだわり

美味しくて手頃な価格の理由がここに!マニラで素材から製造する「お惣菜」の裏側!

(出典:HACCP認証協会公式サイト

 

「KANDS」さんでは、素材をイチから作ってしまう程の味へのこだわりも並々ならないですが、それと同時に「衛生面」にもこだわられています

 

日本人として食材の衛生面もすごく気になるところなので、お話を根掘り葉掘り聞いてきたのですが、専門的なことろはどうしても難しく(笑)、わかりやすいところでどのくらい衛生面にこだわっているかを聞いてきました!

 

 

みなさん、「HACAPP認証」という言葉をご存知ですか?

 

(僕はこのとき初めて聞きました笑)

 

HACCPとは、1960年代にアメリカで宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理手法のことで、「Hazard(危害)」「Analysis(分析)」「Critical(重要)」「Control(管理)」「Point(点)」という言葉の略語となっています。

 

効果的な食品安全管理のための要件を定める国際基準となっており、この要件を満たしているかを第三者機関が認証し、その認証を受けた企業等は、食品を製造する際に安全を確保するための管理手法を取り入れていると認められることとなります。

 

食品の国際化を背景に、原材料、製品などが国際的規模で流通し、また環境汚染、微生物による汚染等々の中で従来行っていた最終食品を検査する方式では危害を十分に防止することが難しくなっている中で、食べ物の安全性を確保するための食品製造行程中に危害防止につながる重要管理点をリアルタイムで監視・記録していくHACCPシステム」の考え方が、国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(Codex)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものとなっています。

 

そして、「KANDS」さんではこの「HACCAP」認証を取得されており、製造における衛生面においても、国際的な基準で取り組まれています。

 

世界的な企業等が入るビルでは、テナントとなる飲食店はこの基準を満たしていないと出店できない場所もあるほど食品の衛生面に関して、重要な指標となる認証となっています。

 

・参考/出典

HACCAP認証協会

厚生労働省

 

現場の声を「お惣菜」作りに活かす

 

前回と今回で、「お惣菜」を利用する企業と「お惣菜」を製造する企業とお会いして、色々とお話をお伺いすることができました!

 

その中で改めて感じることができたのが、冒頭でもお伝えした「RENABLE」のお惣菜に対するこだわりです。

 

利用する企業への訪問で出た声を真摯に受け止め、同じ目線でより良い「お惣菜」のアイデアについて考える場面に何度も出くわしました。

 

また後日、「お惣菜」の製造を担う「KANDS」さんにお伺いした際にも、導入企業からのアイデアを実際の「お惣菜」の製造に活かすにはどうしたらいいか提案や議論をしている場面がありました。

 

現場の生の声を大切にして、それを「お惣菜」作りに活かす。それも味や衛生面にこだわりのあり、信頼できる企業「KANDS」さんと一緒に。

 

 

様々な立場の方達と会い、お話させていただく中で、この「お惣菜」は「利用する企業」「製造する企業」「RENABLE」の3者が「どうやったら利用者により良いものが提供できるか」を考え抜いて作り上げられているものだということを知ることができました。

 

決して決まったものだけを提供しているわけではなく、利用者の方にどうしたらもっと満足してもらえるだろうかと考え、アイデアや製造・加工においても柔軟にチャレンジを続けられています。

 

是非そんな想いの込もった「RENABLE」の「お惣菜」を利用してみてはいかがでしょうか?^^

 

今ならお得なキャンペーン中!

1個25ペソ〜利用可能!マニラの職場で「お惣菜」が食べれる仕組みを大解剖!

 

現在「たくせきのブログを見た」と言ってお問い合わせいただくと、企業負担分の月額利用料1ヶ月分が無料になるキャンペーン中です!

 

特典の対象になる条件が2つあるので、必ずご確認ください。

 

特典対象条件

①2018年内に導入された企業様

②月間の納品数が200個以上の企業様

 

 

とてもお得なので、ぜひこれを機に導入を考えてみてはいかがでしょうか?^^

 

↓↓↓↓

資料請求・お問い合わせフォーム

 

 

▼お惣菜に関する記事はこちら▼

法人スポンサー決定!日本の「お惣菜」でフィリピンの健康領域の課題を解決する【RENABLE】

1個25ペソ〜購入可能!マニラの職場でも自宅でも「お惣菜」が食べられる仕組みを大解剖!

フィリピン人スタッフの皆勤者が17倍?!「お惣菜」を導入した企業に潜入取材!

 

LINE公式グループ「シェアマニラ」 | 個人が持つマニラの情報をシェアし合えるプラットフォーム

フィリピン在住クリエイター/ブロガー

たくせき(TAKUSEKI)