フィリピン在住クリエイターTAKUSEKI

 

フィリピンで知り合って仲良くしてる友達に、日本語教師のケンケンがいます。

 

先日夕飯を一緒に食べた際に、ケンケンが働くフィリピンの学校でクリスマスイベントがあることを聞き、お願いをして取材をさせていただくことになりました!

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

(↑左上の緑Tシャツを来た人が「ケンケン」)

 

僕自身、フィリピンの子供達が通う学校に行くのは初めてで、学校の中はどうなっているのか、クリスマスイベントはどんな風に行われているのか、とても興味がありまくりでした。

 

普段なかなかフィリピンの学校に入る機会もないと思うので、ぜひフィリピンの教育制度にも触れながら、学校の様子をお伝えできればと思います!

 

「ケソン・シティ・ハイスクール」

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

学校の紹介

 

今回取材させてもらった「ケソン・シティ・ハイスクール」は、マニラの前の旧首都であり、マニラ首都圏の中で最も広大な面積を持つ都市であるケソンシティに位置しています。

 

そして、そのケソンシティの中で、1947年に開校した最も古い学校と言われています。

 

歴史上では、1946年にアメリカの植民地から独立したとされるフィリピンでは、その1年後に開校されたことになり、学校自体の歴史の長さも感じることができます。

 

敷地の中に、小学校・中学校・高校があり、一貫校にもなっています。

 

 

フィリピンの教育制度

 

日本の教育制度は「6-3-3」が採用されています。

 

これは、小学校が6年、中学校が3年、高等学校が3年の合計12年を基礎とする制度です。

 

一方で、フィリピンでは、長い間「6-4」という教育制度が採用されており、小学校が6年、高等学校が4年の合計10年を基礎とする制度がとられていました。

 

世界的に主流な12年の教育制度に比べて、2年短いフィリピンの教育制度では、教師側も生徒側も教育水準が低くなることや海外の大学へ直接進学できないこと、若年での社会参加による失業率の増加などから長年問題視されていました。

 

そこで、2013年頃から制度改正により「K-12」:「1(幼)-6(小)-4(中)-2(高)」制と呼ばれる新教育制度が採用されました。

 

これは、義務教育を13年間(5歳~17歳)に伸ばし、幼稚園1年を義務教育期間に編入して、小学校を6年、中学校を4年、高等学校を2年とした「K-12」が導入されました。

 

ちなみに「K-12」の「K」は、「kindergarten(幼稚園)」の頭文字で、意味合いとしては、「K(幼稚園) + 12」です。

 

僕は最初、13年間通うのに、なんで「K-12」なんだろうって思ってました(笑)

 

 

学期は2学期制を採用しているところが多く、第1学期は6月~10月、第2学期は11月~3月です。

 

春休みや冬休みがない一方で、3月末から6月初旬まで約2ヶ月半の長い夏休みがあるそうです。

 

結果、授業日数は日本と同じくらいとなります。

 

実際のイベントの様子

 

この日は、12月20日。

 

朝9時に学校の取材を開始すべく、いつもより早起きして約1時間かけてケソンシティに向かいました。

 

 

 

学校付近に到着して、すぐに感じたのが、住んでいる都市マカティとの雰囲気の違い。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

おそらく日本のテレビなどで見るフィリピンのイメージに近い地域です。

 

観光都市として日本人も多く住むマカティとは異なり、フィリピンの地元の学校が多く存在し、ローカルな雰囲気を感じることができるケソンシティにワクワクしていました(笑)

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

だって、目の前に、普通にニワトリいるし(笑)

 

普段、観光地化してしまっている都市部にいて、取材でローカルな場所に行くと、フィリピンの地元に根付いた本来の姿を覗けるような気がして、すごくワクワクします。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

友達のケンケンとの待ち合わせ場所に迷い、歩いていると、それらしき門が!

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

トライシクルに乗って登校する子供達がたくさんいました。

 

親御さんも門まで送る人や中まで送る人などさまざま。

 

この門も学校の敷地へと続くものだったけど、お目当ての門とは違い、ケンケンと合流して、正規の門へと向かいました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

お目当ての門に着くと、そこは既に多くの人たちで人だかりが。

 

まだ時間的に、先生達が優先的に入れる時間のようで、生徒達が門付近で待機しているとのことでした。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

赤い立派な門!

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

門をくぐって学校の敷地内に入ると、大きな学生課のような建物がありました。

 

この奥に、小学生や中学生、高校生の棟があり、それぞれ分かれています。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

行く途中には、日本でいう体育館もありました。

 

室内ではなく、室外にありましたが、大きな屋根で覆われていて雨の日でも活動が可能です。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

フィリピンの国民的スポーツでもあるバスケットのコートも併設されていました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

今回は時間の関係もあり、主に2クラスの取材をさせていただきました。

 

2クラスとも学年は同じ中学1年生のクラスです。

 

建物に入り、階段を上がると、クリスマス仕様に飾り付けられた教室があらわれました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

今日は通常の授業はなく、クリスマスイベントのみとのことで、机や椅子は壁際に寄せられていました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

使われている机は、日本のものとは異なり、机と椅子が一体となっている木製のものでした。

 

引き出しもなければ、机のスペースも限られている…

 

見てすぐ、日本の学習環境は恵まれているなと思いました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

挨拶をして写真を撮り始めると、すぐさま写真に写りに来るフィリピンの子供達!

 

本当に人懐っこくて、明るくてかわいい!!

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

フィリピンでは、男女関係なく自撮り文化があり、カメラがあれば積極的に写ることは当たり前の行為になっています。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

教室の写真を撮ろうにも、子供達が寄って来て撮れないくらいです(笑)

 

また、日本人にも興味を示してくれ、「ありがとう」や「こんにちは」といった知っている日本語を投げかけてくれます。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

クリスマスイベントの日ということで、生徒の子供が持ってきたスピーカーで、あげあげの曲がガンガンに流れてました(笑)

 

クリスマスイベントは学校全体で何かをやるというよりは、クラスごとでのイベントとなっており、先生や生徒によってイベント内容は異なるそうです。

 

だいたいは、おしゃべりやゲーム、プレゼント交換をして、持ち寄った食事を食べて解散するパターンが多いとのことです。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

このクラスでは、早々に食事タイムが始まりました。

 

これでもかというくらい多くの食べ物が持ち寄られており、イベントごとを大事するフィリピンの良さが現れている光景でした。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

フィリピン料理は野菜が少なく、油っぽいものが多いこともあり、食事の栄養の偏りなども問題視されていたりします。

 

横のラインは細いのに、お腹だけがポッコリでている男性や女性を街中でも多くみかけます。

 

ファーストフードやフィリピン料理の影響で、栄養が偏った結果と言われています。

 

この日の持ち寄られた料理や飲み物の内容や量を見ても、子供のときからこういった食生活が当たり前になると、大人になったときに体型として現れるのかと考えさせられました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

かくいう僕もアイスをもらい、ガッツリと頬張っていました(笑)

 

日本のヘルシー食で育った30歳には、朝からフィリピン料理はこたえました…笑

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

続いて、もう1つ別のクラスに取材に行かせていただきました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

教室に入ってすぐに感じたのが、先程のクラスとの雰囲気の違いです。

 

具体的に言うと、生徒達が着席して先生の話を聞き、全体的に落ち着きがありました。

 

日本では当たり前かもしれませんが、フィリピンではまず時間どおりに登校することなど、そもそも授業を開始するまでが大変(もちろん開始してからも)ということをよく聞きます。

 

日本語教師のケンケンに聞いたところ、この学校では成績によってクラスが分かれており、このクラスは学年でトップのクラスとのことでした。

 

また、学生達が掃除する教室も綺麗な教室として表彰をされているクラスとのことでした。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

教育実習生のフィリピン人の女性も来ており、クラス全体でゲームをしているところでした。

 

ちなみに、フィリピンの教育実習は半年間と日本よりも長く、その分、ガッツリと生徒と関わることができるそうです。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

また、日本の文化を取り入れたゲームもしていました。

 

お皿にあるチョコを、橋を使って隣のコップに移し、全てのチョコを早く移したチームの勝ちというゲームです。

 

 

上の動画にあるように、とても大盛り上がりのゲームでした(笑)

 

異国の地で日本の文化が広められているってなんだか嬉しいですね^^

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

ゲームが終わった後も、橋を使う練習をする姿を見て、なぜかウルっとしてしまいました(笑)

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

一通りゲームも終わると、次はお楽しみのプレゼント交換の時間です!

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

事前に渡す相手は決まっているようで、渡す側が前に出てきて、その人の元までプレゼントを持っていきます。

 

渡された人が今度は渡す側になり、リレー形式で順々にプレゼントを渡していきます。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

渡される側には知らされていないため、誰がどんなプレゼントを渡してくれるのか、ドキドキしながら待つ時間になります。

 

特に、男女の異性での受け渡しは盛り上がっていました(笑)

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

プレゼント交換が終わると、このクラスでも食事タイムになります。

 

ここでもフィリピンの教育を知る上で大事なことを垣間見ることができました。

 

食事を取る順番は、必ず先生からになります。

 

生徒達の先生に対する敬意がすごく、とても尊敬されているというのが側から見ていても伝わってきました。

 

そのため「教師」という仕事は、フィリピンでも人気が高い職業としてあげられています。

 

日本で「教師」の地位が下がっている現状を思い浮かべると、ひと昔前の日本の教育現場の様子を見ているようでした。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

人懐っこさは先程のクラスと変わりませんが、少し落ち着きがありながら、節度あるコミュニケーションを取ってくれている印象を持ちました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

ちゃっかりクラスの集合写真にも立ち寄らせてもらいました!

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

クラスを後にすると、日本語を教えるフィリピン人の先生の部屋に案内してもらいました。

 

この学校で日本語を教えるフィリピン人の先生は、全部で2人(ケンケンを除く)おり、その中でも日本の資料を多く収納する教室をまるっと任されている権威ある先生とのことでした。

 

日本語もお上手で、僕も普通に日本語で会話してしまいました(笑)

 

初めは日本語を教える先生が2人しかいないのかと思いましたが、数ある言語の中で常駐で2人も日本語を教えられる先生がいるのは逆にすごいことだと思い直しました。

 

それだけフィリピンにおいて、日本という国への興味を伺うことができました。

 

定時制のプログラムもあり、大人の方も通われて勉強をしていました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

中国や日本に関連する衣装なども多数ありました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

食堂にも連れてってもらい、普段の生徒達の食事の様子をイメージすることができました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

職員室も覗いちゃいました(笑)

 

先生方が楽しそうに話をしながら、食事をしていました。

 

翌日は先生達だけのクリスマスイベントが学校で開かれるとのことで、この後、ダンスの練習をするとのことでした。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

せっかくなので、そのダンス練習も覗かせてもらうことに!

 

人数が集まって始まるまでに時間がかかりましたが、高い歌唱力やラテン系のダンスのセンスのよさで楽しそうに練習をしていました。

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

先生達の集合写真も本当に楽しそう!

 

この日は終始、先生や生徒も楽しそうで、素敵な笑顔に囲まれ、自分自身もたくさん笑顔になれた日でした^^

 

 

取材してみての感想!

ざっくりですが、今回の取材を通して感じたことを感想としてまとめたいと思います!

 

先生も生徒も明るくて人懐っこい!

 

1番の印象はこれです!

 

これが1番がお伝えしたい….!

 

本当にみんな明るい!

 

この国の活力のようなものをヒシヒシと感じます。

 

未知のものに対する興味も強く、積極的な姿勢も勢いを感じます

 

この年代の子供達が政治や経済の中心になったときに、フィリピンは今以上の勢いになるのではと感じた1日でした!

 

 

ジェンダーフリーな社会環境

 

フィリピンの街中を歩いていると、日常の光景のように「バクラ(日本でいうオカマやオネエ)」と呼ばれる人を見かける事が多いです。

 

今回学校に取材に行ったときにも、同様に、体は男子でも心は女子というような子供達を多く見かけました。

 

中には隠している人もいるとのことですが、社会として当たり前のように受け入れる寛容さがあり、学校の中でも女子の格好をしている男子生徒も何人も見かけました。

 

この「性」に関することに限らず、フィリピンの社会全体の寛容さは良い部分で、現在の日本ではなかなか見られない部分だなと感じました。

 

一方で教育現場の負の部分も…

 

明るくて常に前向きな姿勢が多く見られる一方で、昔から教育現場で問題になっていることもあります。

 

今回2つ目に行ったクラスで感じたのが、1つ目のクラスよりも男子の数が少ないということ。

 

学年が上がれば上がるほど強まる傾向として、非行にはしり学校に来なくなる子も一定数存在するとのことです。

 

そして、十分な教育がされないまま社会に出ると、仕事に就くことができず、負の連鎖を生む結果にもなっています。

 

 

また、フィリピンの他の学校によっては、学校内での薬物使用や妊娠問題など、フィリピンの社会全体で問題視されていることが、学校の教育現場にもそのまま問題となっているところもあるようです。

 

 

フィリピンでは、現在、明日を担うフィリピンの子供達にとって、より良い教育環境を構築すべく教育改革が行われています

 

今後も教育について色々な取材をしていきたいと思っています!

 

 

今回の取材を通して、異国の地で日本語を教える日本語教師のケンケンや明るく何事にも積極的なフィリピンの子供達と同じ時間を共有でき、フィリピンの生の教育現場を見る事ができました

 

日本との違いやフィリピンの良さを再確認できたことはもちろんのこと、何よりも笑顔が絶えない素敵な時間を過ごすことができました

 

取材に協力してくださったケンケンや学校関係者の方、生徒の子供達に感謝したいと思います。

 

この記事が、少しでもフィリピンのリアルな学校の様子を知ってもらうきっかけになればとても嬉しいです^^

 

潜入取材!フィリピンの地元学校のクリスマスイベントに参加してきた! #フィリピンの教育現場 #教育制度

 

フィリピン在住クリエイター/ブロガー

TAKUSEKI

 

↓↓↓↓↓↓
お気軽にフォローしてください^^

↑↑↑↑↑↑

 

LINE公式グループ「シェアマニラ」 | 個人が持つマニラの情報をシェアし合えるプラットフォーム

フィリピン在住クリエイター/ブロガー

たくせき(TAKUSEKI)