フィリピン在住クリエイターTAKUSEKI

 

2018年1月29日に、2回目のワンオクONE OK ROCK)のマニラ公演が行われました!

 

いやー本当に心に響いた!

 

当日のツイッターでの爆ツイ実況も好評で、色々と反応いただいた方ありがとうございました!

 

この感動と体験を忘れないように、しっかりと記事にしたいと思います。

 

ぜひ当日行ってない方も読んでいただき、当日の雰囲気を味わっていただけると嬉しいです!

 



 

ワンオクとは

【完全レポ!】ONE OK ROCK(ワンオク)がマニラに来た!(2018年1月29日) #ONEOKROCK #OORAmbitionsMNL #MANILA

公式サイトより

 

ONE OK ROCK」とは、日本のロックバンドで、愛称は「ワンオク」。

 

以下公式HPより

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2005年にバンド結成。エモ、ロックを軸にしたサウンドとアグレッシブなライブパフォーマンスが若い世代に支持されてきた。

2007年にデビューして以来、全国ライブハウスツアーや各地夏フェスを中心に積極的にライブを行う。これまでに、日本武道館、野外スタジアム公演、大規模な全国アリーナツアーなどを成功させる。2016年9月には、静岡・渚園にて2日間にわたり11万人規模を動員する野外ライブを開催。

 

日本のみならず海外レーベルとの契約をし、アルバム発売を経てアメリカ、ヨーロッパ、アジアでのワールドツアーを 成功させるなど世界基準のバンドになってきている。

2017年1月にはアルバム「Ambitions」を全世界で同時リリースし、キャリア史上最大となる全世界ツアーを開催。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

そして、今回のマニラ公演は、この「Ambitions」の世界ツアーの1つです。

 

Ambitions Asia Tour 2018」として、タイを皮切りに、シンガポール、上海、台湾などアジア各国を回っています。

 

興味ある方はぜひ聞いてみてください^^

 

 

 

公演当日まで

 

日本からライブのためにマニラに来る人も多く、ツイッターを経由してご連絡を多くいただきました。

 

ライブに行く人が諸々と困らないように「マニラ公演ガイド(2018)」ならぬものをこしらえ、記事を発信しました!

 

 

ギリギリになっての発表でこんなツイートも!

 

 



 

当日の様子

 

そして、来る2018年1月29日!

 

フィリピンは平日で学校や仕事が通常どおりある中、記念ギフトがもらえるということで、12時に会場へ向かいました!

 

ちなみに、開演は20時からです(8時間もある!←え?)

 

 

久々のイベント事でハリキリ過ぎて、口の上のひげ剃りで肌切りまくりました(笑)

 

めっちゃ血が出る中、それどころではなく、Uberを呼んで会場に向かいました。

 

【完全レポ!】ONE OK ROCK(ワンオク)がマニラに来た!(2018年1月29日) #ONEOKROCK #OORAmbitionsMNL #MANILA

 

現地日本人の友達とは、友達の仕事終わりに合流予定だったため、既に会場に着いているというフィリピン人の友達と合流することに!

 

ワンオクファンで集まるために、朝9時から集合してたとのこと!

 

開演11時間前からの集合、、、

 

ワンオク愛がすごすぎる!!

 

 

 

記念ギフトがもらえるのは、チケットごとの入り口付近ということで、自分のチケットエリアへ。

 

プラチナチケットエリアに行くと、フィリピン人のファンがワンオクへのメッセージをたくさん書いていました!

 

そして、現地在住の日本人として、僕も応援メッセージを書かせてもらいました!

 

【完全レポ!】ONE OK ROCK(ワンオク)がマニラに来た!(2018年1月29日) #ONEOKROCK #OORAmbitionsMNL #MANILA

 

【完全レポ!】ONE OK ROCK(ワンオク)がマニラに来た!(2018年1月29日) #ONEOKROCK #OORAmbitionsMNL #MANILA

 

約1年前、単身でマニラに来て心細い状況の中で、唯一日本人アーティストとしてフィリピンのテレビから流れてきたワンオクの曲にとても心が支えられました。

 

そういった意味でも、やっぱり「ありがとう」というメッセージがいいなと。

 

それも大好きなフィリピンと日本の言葉で。

 

 

 

そして、記念品ギフトを無事ゲット!

 

12時から配布開始と言われていましたが、そこはフィリピンタイム!

 

30分くらい後に配布開始され、みんなもそれをすんなりと受け入れていました(笑)

 

【完全レポ!】ONE OK ROCK(ワンオク)がマニラに来た!(2018年1月29日) #ONEOKROCK #OORAmbitionsMNL #MANILA

 

「マニラ」と刻まれたものが欲しかったので、このストラップは嬉しかったです^^

 

 

この後は16時からの整列まで時間が空くので、昼ご飯を食べようとMOA(モール・オブ・アジア)へ。

 

今日は長期戦だ!と意気込んで、ガッツリと富士そばで日本食!

 

これで250ペソ!フィリピンの日本食ではかなり安い!

 

 

腹ごしらえをした後、荷物の預け先を探しに!

 

ワンオクのライブは荷物が邪魔になると聞いて、どっか預けたいなと。

 

結構歩いてようやく会場近くのクオークを発見しましたが、この後、会場のアリーナで預かってくれることがわりました…笑

 

 

開場2時間前の16時から、いよいよ整列が開始!

 

 

開演が20:00

 

開場が18:00

 

整列開始が16:00 ←ここ

 

まだまだ先は長いですが、少しずつワクワク!

 

 

 

待ち時間に、SHOWROOM配信したり、ツイッターしたりなど時間を活用して、現地の様子をお届けしつつ、隣になった方とちょっと話などしていました。

 

【完全レポ!】ONE OK ROCK(ワンオク)がマニラに来た!(2018年1月29日) #ONEOKROCK #OORAmbitionsMNL #MANILA

 

なんだかんだ2時間もあっという間で、会場の中へ!

 

【完全レポ!】ONE OK ROCK(ワンオク)がマニラに来た!(2018年1月29日) #ONEOKROCK #OORAmbitionsMNL #MANILA

 

日本と海外のライブで違うところは、席がチケット料金によって分かれている点だと思います。

 

日本だと同一料金で、前かどうかは抽選といった形が多いと思いますが、海外ではお金を出して前の席を買います(笑)

 

会場内には、売店とグッズ売り場があり、既にグッズ売り場は多くの人で並んでいました!

 

また、チケットのエリア内は自由席(スタンディング)で、取った場所が自分の場所となるため、開演前から場所取りする人がほとんどでした。

 

【完全レポ!】ONE OK ROCK(ワンオク)がマニラに来た!(2018年1月29日) #ONEOKROCK #OORAmbitionsMNL #MANILA

 

開演時間も多少遅れたものの、順調に始まりました!

 

席がものすごく近く、きっと今後一生こんな近くで拝めることはないだろうってくらい近かったです。

 

【完全レポ!】ONE OK ROCK(ワンオク)がマニラに来た!(2018年1月29日) #ONEOKROCK #OORAmbitionsMNL #MANILA

 

「フィリピン女性」に歌詞を置き換えて歌った「American girl

 

バラード好きのフィリピンで絶大な人気を誇る「Whenever you are

 

フィリピンのテレビでも連日流れていた「We are

 

「Ambitons」以外からも、アンコールで日本語全開で歌う「完全感覚Dreamer

 

など

 

現地フィリピン人や外国人、日本人とともに盛り上がりました^^

 

 


 



 

フィリピンでの反応や様子

 

フィリピンでは、ハッシュタグ「#OORAmbitionsTourMNL」を通して、いろいろな投稿が盛り上がっていました!

 

実際のライブの様子も含め、いくつかご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブを体感して感じたこと

マニラでライブに行ってみて感じたことを書きます。

 

距離がめっちゃ近い!

 

日本のライブに行ったことはないですが、映像では見ていたため、マニラだとこんなに近くで見れるのかと驚きました!

 

本当に目と鼻の先!

 

この理由の1つは、海外は観覧できるエリアによってチケット料金が異っています。

 

今回1番前で見れるエリアは約2万円くらいします。

 

平均月給が3万円とも言われるフィリピンでは、まだまだチケット代が高く、前の方の席を選択できる人が少ないことが言えます。

 

1番安価なスタンド席がほとんど埋まっていた一方で、ステージから近いプラチナ席やゴールド席では人がいない空間もチラホラ見えました。

 

そのため、場所取りをしたというよりは、前のチケットを持っていたら必然的に前で見るような状態でした!

 

日本や他の国では絶対考えられないだろうな…と。

 

近くでワンオクを見れ、音楽を聞けるとても貴重な機会になりました!

 

写真も動画も撮りまくり!

 

これも海外っぽいというか、一応、写真撮影はNGですが、目の前に警備員がいてもお構いなしにみなさん撮影や動画撮りまくります。

 

そして、SNSでもアップしまくります(笑)

 

日本だとあんなに厳しいのに、日本だけなのかな…?

 

と、実際の様子をみてびっくりしました…!

 

1つ前の項目で、フィリピン人の方のツイートを引用させていただいていますが、みなさん実際に自分たちのスマホで撮ったものになります。

 

日本との違いに驚いた実際の様子の1つでした!

 

同世代に刺激!

 

ワンオクの曲といえば、インパクトのあるメッセージ性が今の若者に人気がある理由の1つと言われています。

 

僕自身、ドラムのtomoyaさんとは同じ歳(ボーカルのtakaさん、ギターのtoruさんは1歳下、ベースのryotaさんは2歳下)とほぼ同世代が海外でチャレンジしている姿を見てとても刺激をもらいました!

 

良かったではなく、行動!

 

以前のライブで、ボーカルのtakaさんが最後の曲を歌う前に、こんなことを言っていました。

 

==================

 

さあ、最後を始めようか。

 

この曲(The Beginning)が終わったと同時に何かを始めてみてください。

 

心の中でムズムズしているものは、

 

やがて色々なネガティブな気持ちに変わります。

 

そうなる前に、どうかみなさん

 

自分のやりたいこと、

 

自分のやってみたいこと、

 

始めてみてください。

 

誰しも一人一人の中にそういった感情があるはずです。

 

もしないなら、そこから始めてみてください。

 

〜ラストの曲「The Beginning」〜

 

==================

 

 

 

マニラで好きになった日本のアーティストを

 

 

大好きなフィリピンの地マニラで

 

 

現地のフィリピン人の方と一緒に応援できたことが何より嬉しかったです!

 

 

 

ワンオクからもらったエネルギーを前進するエネルギーに変えて。

 

 

See you soon

 

 

 

フィリピン在住クリエイター/ブロガー

TAKUSEKI

 

↓↓↓↓↓↓
お気軽にフォローしてください^^

↑↑↑↑↑↑

 

 

 

LINE公式グループ「シェアマニラ」 | 個人が持つマニラの情報をシェアし合えるプラットフォーム

フィリピン在住クリエイター/ブロガー

たくせき(TAKUSEKI)