フィリピン在住クリエイターTAKUSEKI

 

フィリピンに来て約6ヶ月!

 

初めてフィリピンのバスに乗りました^^

 

フィリピンでバスに乗るときに気をつける5つのこと

 

普段の移動は、近場はUberかGrab、遠出はレンタカーという体制だったのですが、今回ちょっとだけ遠出するにあたり、前々から気になっていたバスを利用してみました!

 

(今回は取材先への交通手段で利用したため、乗り方なども取材先の人がまとめてくれたものがあり、安心して移動できました。)

 

 

 

遠足気分が抜けない感じですが(笑)、細心の注意を払い、臨みました!

 

そこで、初めてバスに乗ったときに感じた気をつけることをまとめました。

 

 

ツイッターにも先行して概要を書きましたが、ブログではもう少し詳しく書きたいと思います。

 

①冷房直撃の寒さ

フィリピンでバスに乗るときに気をつける5つのこと

 

これは他の乗り物からも想像できるかもしれないですが、バスの中は冷房キンキンでした…

 

座る席によっては、冷房が直撃でガチで凍ります…笑

 

風の出口に近ければ、口を閉めてしまうということもできるのですが、そうでない場合は耐えるしかないのです…

 

なので、バスにのるときは、羽織りもの(パーカーとかカーディガンとか)を持っていると安心です!

 

②ものっそい揺れ

フィリピンでバスに乗るときに気をつける5つのこと

 

フィリピンの道路事情はご存知のとおり良くありません。

 

案の定、揺れが凄まじすぎる!!

 

発車して10分には、若干酔いぎみになりました。。

 

それでも、写真と動画を撮り続けましたが、本など読める状況ではなかったです。。

 

車酔いの耐性と乗車時間にもよるかと思いますが、酔いやすい人は酔い止めを飲むことおすすめします!

 

バスの中で本や書きものを使用と思っても不可なので、何か別のもの(音楽とか)を用意した方がよいです。

 

③容赦ない日差し

フィリピンでバスに乗るときに気をつける5つのこと

 

①での冷房の寒さと相反して、窓側では日差しがめっちゃ強かったりします。

 

今日乗ったバスでは、カーテンがある箇所とない箇所があったので、席を選べる場合は、カーテンがあるところを選んだ方がよいです。

 

④大音響のうるささ

フィリピンでバスに乗るときに気をつける5つのこと

 

まず、バスに入って感じたのが、前方についてるテレビの音が爆音すぎてうるさいということ。。。

 

そして、前後隣の大音量でのおしゃべり。

 

これもなかなかのダブルパンチでした。

 

僕は、あまり音に関しては平気な方なのですが、気になる方にとっては苦痛だと思うので、イヤホンをするなど対策が必要となりそうです!

 

⑤各地で勃発するニオイ

フィリピンでバスに乗るときに気をつける5つのこと

 

フィリピンでは体臭を消す方法として、香水が男女ともに用いられます。

 

そのため、色々なニオイがバスの中でも充満。。

 

マスクをするなど対策すると快適に過ごせそうです。

 

 

と、まあバスに乗る際の注意点を挙げましたが、乗る時間帯や天候によって混み具合が大きく異なります。

 

僕は、平日のお昼帯に乗り、通勤ラッシュを避けたので、とても空いていました^^

 

席も自由に移動できたので、特に気になったのは②と④くらいでした!

 

他の交通手段(レンタカーやUber乗り継ぎ)などを考えると、格安のバス移動

 

今回移動したマカティとパスィータ間で、なんと55ペソ(約120円)!

 

フィリピンでバスに乗るときに気をつける5つのこと

 

揺れはするけど、外の風景も見ていると普段見れない景色も見れます。

 

 

 

 

うまくバスを使いこなせば、安く、楽しく移動することができます。

 

ぜひ安全面に気をつけて、バス旅をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

フィリピン在住クリエイター

TAKUSEKI

 

↓↓↓↓↓↓
お気軽にフォローしてください^^

↑↑↑↑↑↑

 

LINE公式グループ「シェアマニラ」 | 個人が持つマニラの情報をシェアし合えるプラットフォーム

フィリピン在住クリエイター/ブロガー

たくせき(TAKUSEKI)